デザイン

デザインのコピペ

私の仕事はWebサイトを作ることです。
主にプログラム部分を作ることが多いのですが、デザインもちょこちょこと行います。
ですので、屋号も「Luc プログラム&デザイン」という、ひねりのない名前をつけています。

ですが最近になって、自分がデザインという仕事をこなす能力がないことを少しずつ感じており、昨晩寝ているときにふと目が覚めて、突然「自分がデザインをコピペしているだけだ」と理解できました。

プログラムはどうかといえば、今は設計手法やシステム構成を自分なりに考えることが出来るようになりましたが、最初のころはコードの断片をネットで検索して、コピペして何とかプログラミングしていただけでした。

絵画の模写にしたって、最初は既存の作品の模倣が大切かもしれませんが、いつかは体系的な方法などを身につけたり、自分の独自性を表現するというところに至らないと、単なる趣味で終わってしまいます。

私は以前料理人を目指していましたが、料理のスキルも模倣にとどまっており(レシピを見て作るだけ)、自分のオリジナルを作ることは今でも出来ません。むしろパートナーのほうが素晴らしい創作性を持っています。

数カ月前から友人のWebサイト制作を引き受けて進めているのですが、その友人は建築士で、自分自身でサイトのデザインを起こし、最終的にはイラストレーター形式にして渡してくれました。

その友人がデザインを行う過程を見ていると、デザインを仕事にしている人はこういう風に考えて、こんな方法でデザインを設計するのか!と驚き、自分の屋号である「Luc プログラム&デザイン」の後ろ半分を隠したい気分になりました。

全体的なデザインは作っていただき、細部の見出しやボタンなどは私が行うことになっていたのですが、これがもう、全然進まない(すみません)。
あるコンセプトを持って作られたベースデザインにふさわしいボタンなりを作れないのです。
下手なことはせずに、頂いたデザインの意匠以外には、あまり付け加えない方法で進めようと思っているところです。

「他人を喜ばせたいと思うこと」こそを仕事に選ぶと良いというのが私の信条ですが、プログラムに関してはまさにこれに当てはまります。

さてデザインはどうかというと、今はまだ趣味の範囲を出ていませんが、他人のために作りたいというモチベーションも実は強く持っています。

あらためてデザインについて勉強し直そうと思う、ある秋の日の決意でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comments links could be nofollow free.