CMS

CMS「concrete5」でサイトを構築したけど疲れてやめた

昨年11月、必見!怖くなるくらい優秀なCMS「concrete5」の記事を見ていたときにちょうど1つサイトを立ち上げようと思っていたので、試しにconcrete5でセットアップしてみました。

記事の通り、確かに画面全体の編集がらくらくに行えて、記事の追加も直感的で分かりやすい。
が、一番困るのは、サイト全体の共通ブロックを持てないというところです。

たとえばメニューバーには共通の内容(ページの一覧やカテゴリの一覧など)を表示したいとします。
concrete5ではなぜかそれをさせずに、ある固定の内容をコピペする機能だけを提供しています。
その場限りのコピペなので、その共通部分の内容を変更したい場合はこれまで作ったページ全部を一個ずつ修正しないといけない

何でこういう設計にしたのかはよく分からないのですが、おそらく私がイメージしていた利用コンセプトと一致していなかったのでしょう。
本家サイトのフォーラムでもこの件についての問い合わせが多く、もしかするとそのうち修正されるかもしれませんが、システムコンセプトから変わるわけではありませんので、やはり運用可能なサイトはある程度決まってくると思います。

concrete5での運用が有効なサイトは、次のようなものになるのではないでしょうか。

  • ページ数がある程度限られている(せいぜい10~20ページ)
  • html、cssを理解できる管理者がいない
  • ページごとの構成を内容に合わせて変えたい

こういうWebサイト作成はニッチでもなんでもないので、こういったサイトであればむしろおすすめするかもしれません(テーマが少ないのがネックですが)。

私の件のサイトは、結局使い慣れたWordPressで再構築しました。
我が家のような使いやすさ・・・

「最強の」とか「必見」とか「マスト」とかに弱いので、また別のところで同じことをやってしまいそうですが。。

2 comments

  1. I

    2009年当時の事は分からないのですが、
    現在のバージョンではサイト全体の共通ブロックを作成できるようになっています。

    ■「下書き」作成時に「global」を選択し、表示されるオプションで「ブロックの更新を連動させる」にチェックを入れる

    これで、このブロックの内容を修正した時、その修正がすべての同ブロックに適用されますよ。

  2. smilkobuta Post author

    教えていただいてありがとうございます!
    やっぱりその後機能追加されていたのですね。

    concrete5をGoogleトレンド検索してみると、今も盛り上がっているようですし、今度再トライしてみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comments links could be nofollow free.