ビットコイン ブロックチェーン

Ledger NanoでSegwitに切り替えたら残高なくなってて焦った

ビットコインを受け取ろうと、ハードウェアウォレットのLedger Nano(過去の記事「ビットコインを普通のお財布に入れてみた」)をPCに挿したところ、Segwit対応のファームウェアにアップデートできるとのことで、アップデートしました。
いったん全部消してリカバリーするのでドキドキするのですが、8月のビットコインキャッシュ誕生の時にも一度やっていたので同じようにアップデートしました。

アップデート後にLedger Nanoを挿し直して、Segwit切り替えの確認画面が出たのでSegwitを選んだところ、残高が 0 BTCになってる!?
確認画面をよく見たらアドレスが変わるので、旧ウォレットから新ウォレットへ送金しないといけないそう。
設定画面から旧ウォレットに戻して新ウォレットのアドレスへ全額送信して、ちゃんと移動できました。
あ~、びっくりした。

Segwitへの切替画面。 後からいつでもスイッチ可能です。

Segwitへの切替画面。
後からいつでもスイッチ可能です。

SETTINGSの右下のBLOCKCHAINSをクリック

SETTINGSの右下のBLOCKCHAINSをクリック

BITCOINを選択して、次の画面(最初の写真と同じ)でLEGACYをクリックすると旧ウォレットが開きます。

BITCOINを選択して、次の画面(最初の写真と同じ)でLEGACYをクリックすると旧ウォレットが開きます。

旧ウォレットから新ウォレットへ全額移動。焦らせるぜ・・・

旧ウォレットから新ウォレットへ全額移動。焦らせるぜ・・・

Ledger Nanoは品切れで、より高機能なLedger Nano Sも売ってるけど、高い・・・。
見た目もLedger Nanoの方が好きなんだけどな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comments links could be nofollow free.