Android 発表、ニュース

子どもの証明写真

iD Shoot

以前、1歳の子どものパスポートを作るとき、デジカメで撮った写真をトリミングして作ったことがあります。
写真をパスポートサイズにトリミングするブラウザツールを作って、無事パスポート用の証明写真を作ることができました。
パスポートの申請もばっちりOKでした。

その後、そのWebツールを使いやすくして公開しようと思っていたのですが、ずるずると3年間もほったらかしにしたままにしてました(子どもも4歳に)。

そのWebツールはインターネットのどこかで、風に吹かれて転がっているかもしれませんが、
それはなかったことにしてAndroidアプリとして作り直しました!

iD Shoot

Androidアプリ「iD Shoot – 証明写真」


99円の有料アプリです

Webツールはタダで公開しようと思っていたのでAndroidアプリもタダでいいじゃないかという気もしますが、Androidスマホって色々種類が多すぎて、すべての機種できちんと動かすのは難しいんですよ!
特にカメラアプリは鬼門のようで、試した機種ほとんどすべてで新たな問題が発生するという・・・
なので、今後もメンテナンスをし続けますという意思表示として、99円の有料アプリにしました。

自分の機種で動かない!というかたは、お気軽にご連絡ください。(smilkobuta@gmail.com)

ブラウザツールと違って、スマホやタブレットには最初からカメラが内蔵されていますので、Webツール版よりも一貫性が出た気がします。
それに合わせて、ウィザード形式(流れ作業方式)で証明写真を作成できるようにしました。

プリントについて

もちろん自宅のプリンターや近所のコンビニ、DTPショップ、ネット依頼できる5円プリントなどで、印刷がちゃんとできるのかテストしたのですが、意外に差があるものですね。

一番きれいに印刷できたのが、近所のスーパーの中に入っていたDTPショップ
色合いやサイズもばっちり印刷できました。

次によかったのが、ネット依頼できる「5円プリント」というサービス。
Androidアプリから印刷を依頼できますので、お手軽なうえにプリントもいい感じでした。
色合いは気持ち明るめになってしまいましたが、サイズはここが一番ぴったりでした。

残念だったのがコンビニのカラープリントで、画質も荒く、写真のサイズは数ミリ大きく印刷されてしまいました。
パスポートの写真はすごく規定がうるさく、45mmx35mmという全体の大きさだけではなく、頭の大きさや位置もミリ単位で指定がありますので、この数ミリの違いは大きい・・・
ネット注文できるアプリもあって、便利でよいのですが、公的書類に添付する写真としては選ばないほうが無難です。

DTPショップなどで注文するときは、「証明写真なので、リサイズやトリミングなしでお願いします」と伝えた方が安心かもしれません。

テストプリント写真の山

テストプリント写真の山



まあこれで、証明写真ボックスの700円を払わずに済むようになったので、自分的には満足です。
もう少ししたら子どものパスポートも期限が切れるので、その時はこのアプリで撮ろうっと 🙂

iD Shoot
ダウンロード

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comments links could be nofollow free.